【平成30年分】e-Taxで確定申告するなら、確定申告書等作成コーナー!方法と手順【まとめ】

投稿日:2019年2月2日 更新日:

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2018年分の確定申告の期限は、2019年2月18日(月)~3月15日(金)まで。

ネットで確定申告をしたい
・忙しくて税務署に並ぶ時間が無い
・平日に有給などで中々休みを取れない

そんなあなたに最適な確定申告方法が、国税庁の提供する国税電子申告・納税システム「e-Tax」と申告書等が作成できる「確定申告等作成コーナー」を使った方法です。

24時間、休日問わずに、ネット上で作成した確定申告書類を電子送信(ネットから提出)することができます。

【国税庁】e-Taxのホームページはこちら
http://www.e-tax.nta.go.jp/

スポンサーリンク

e-Taxがより簡単に!選べる2種類のe-Tax送信!

今までe-Taxを利用するためには、

1)マイナンバーカード・ICカードリーダライタを用意
2)開始届出書を提出⇒ 利用者識別番号を取得
3)事前準備セットアップファイルをダウンロード
4)パソコンの利用環境を確認
5)e-TaxのID・パスワードの入力
6)マイナンバーカードのパスワードの入力

など利用するまでに手間や事前準備に何かと時間が必要で「分かりにくい!」「ハードルが高い!」と言った意見が多くありました。

ですが、2019年1月からe-Taxを利用するにあたり今までの方式とは別に、

・マイナンバーカード方式
・ID・パスワード方式

2つから選択することができるようになり、より簡単にはじめやすくなりました。

さらに、「e-Taxソフト」を利用して確定申告をするよりも「確定申告書等作成コーナー」から作成した申告書を「e-Taxで提出」するほうが断然分かりやすく便利になっています。

【国税庁】確定申告書等作成コーナーはこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

何が変わった?選べる2つのe-Tax(イータックス)!

具体的に変更になった点は下記の通りです。

マイナンバーカード方式

1)マイナンバーカード・ICカードリーダライタを用意
2)事前準備セットアップファイルをダウンロード
3)パソコンの利用環境を確認
4)マイナンバーカードのパスワードの入力

と、今までの方式と比べ

・開始届出書の提出不要
・e-TaxのID・パスワードの入力不要

事前準備や利用するための手順が減りました。

また、

・e-Taxソフト(WEB版、スマホ版、ダウンロード版)
・確定申告書等作成コーナー(ブラウザ上で作成)

と選べ、どちらでも確定申告書の作成が可能ですが断然「確定申告書等作成コーナー」で「マイナンバーカード方式」による「e-Taxで提出」がおすすめです。

マイナンバーカードを持っている人は「マイナンバーカード方式」でのe-Tax利用が便利です。

【確定申告特集】マイナンバーカード方式の詳細はこちら
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/info-kakutei-mnc.htm

ID・パスワード方式

1)税務署へ行き「ID・パスワード方式の届出完了通知」を貰う
2)パソコンの利用環境を確認
3)確定申告書等作成コーナーで申告書の作成
4)届出完了通知に記載のe-Tax用のID・パスワードを入力

と、こちらはそもそも必要だった

・マイナンバーカード不要
・ICカードリーダライタ不要

でe-Taxを利用できる方式です。

代わりに税務署で発行される「ID・パスワード方式の届出完了通知」が必要になります。

現在は、マイナンバーカードとICカードリーダライタが不要ですがこれらが普及されるまで(約3年間を目安)の暫定的な利用方法となりますのでお手すきで取得しておくと安心です。

確定申告書の作成は、

・e-Taxソフト…使えない
・確定申告書等作成コーナー…使える

となります。

そもそもe-Taxソフトは初心者には使いにくいので、マイナンバーカードを持っていない人も「確定申告書等作成コーナー」で表示画面に従って入力していくのが簡単です。

【確定申告特集】ID・パスワード方式の詳細はこちら
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/info-kakutei-idp.htm

e-Taxを利用するにあたり必要なものとは?

2019年1月からは

・マイナンバーカード方式
・ID・パスワード方式

の2つから選択することができますが、こちらはそれぞれの方式で必要なものが異なります。

マイナンバーカード方式の場合に用意する物

1)マイナンバーカード(個人番号カード)
2)ICカードリーダライタ

こちらは名前の通りマイナンバーカードを使ってe-Taxを利用する方法なので、現状マイナンバーカードを持っていない場合は発行が必要です。

発行には時間が掛かるため、事前にお住まいの市区町村にて取得が必要となります。

※申請後、3週間程度で交付通知書(はがき)が届き、はがきに記載の交付窓口へ本人確認書類を持ち取りにいきます。

マイナンバーカードの申請の詳細はこちら
https://www.kojinbango-card.go.jp/

ICカードリーダライタとは?

e-Taxはパソコンからインターネットを利用し申告書の作成・提出をしますが、その際にマイナンバーカードをパソコンに読み取るための機器が必要となります。

それが、ICカードリーダライタで家電販売店やインターネット通販サイトなどで購入が可能です。

ICカードリーダライタを購入する場合は、マイナンバーカードに対応していないものがあったり、あなたの使っているパソコンの環境により使えないものもがあります。

事前に地方公共団体情報システム機構ホームページ内の「公的認証サービスポータルサイト」で使っているパソコンの環境やマイナンバーカードに対応しているか確認し購入すると安心です。

なお、使っているスマートフォンにリーダライタモードが付属している場合はICカードリーダライタに代わりパソコンに接続することが出来ます。

公的認証サービスポータルサイトで対応機種を調べるなら
https://www.jpki.go.jp/prepare/reader_writer.html

ID・パスワード方式の場合に用意する物

こちらは、まだマイナンバーカードなど取得していない場合に利用することのできる方法です。

1)ID・パスワード方式の届出完了通知

税務署で職員と対面による本人確認を行った後に発行されます。

発行を希望する場合は、運転免許証などの本人確認書類を持参してお近くの税務署で発行することが可能です。

発行したID・パスワード方式の届出完了通知に記載されている

・ID(利用者識番号/16桁)
・パスワード(暗証番号/8文字以上50文字以内)

確定申告書等作成コーナーで入力し、ネット上で確定申告書の作成が可能です。

こちらのID・パスワード方式であれば、スマートフォンを利用して確定申告書等作成コーナーからe-Taxで確定申告をすることもできます。

所得税の確定申告については、見やすく操作しやすいスマホ専用の画面が用意されているのでスマホから作成したい人に便利です。

なおID・パスワード方式は、マイナンバーカードとICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応となります。

今後もe-Taxで確定申告をしたい人はマイナンバーカードの取得は早めに済ませておくと安心です。

ID・パスワード方式でe-Taxを利用したい人は、税務署が混み合う前に早めに取得を済ませておきましょう。

お近くの所轄の税務署の住所を調べるならこちら(国税庁)
https://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm

確定申告書等作成コーナーの操作方法

それでは実際に、どのような手順で確定申告書の作成をするのか紹介していきます。

1)国税庁ホームページTOP下にある「確定申告書等作成コーナー」をクリック

2)「確定申告書等作成コーナー」のバナーをクリック

3)確定申告書等作成コーナーのTOPページに移動⇒「作成開始」をクリック

4)「e-Taxで提出する」をクリック

5)「マイナンバーカード方式により提出する」と「ID・パスワード方式により提出する」が表示される

6-1)「ID・パスワード方式」をクリックした場合

利用者識別番号とパスワードを入力し、画面の表示に従って確定申告書を作成します。

ここでは、今後も利用ができる「マイナンバーカード方式」についての手順を掘り下げて行きたいと思います。

6-2)「マイナンバーカード方式」をクリック

7)e-Taxを行う前の確認という画面になり、パソコンのブラウザや推奨環境の確認をします

8)「事前準備セットアップファイルのダウンロード」をクリック
※e-Taxを利用するためのプログラムをパソコンにインストール

9)「マイナンバーカード認証」へ移ります

10)ICカードリーダライタにマイナンバーカードをセットして「マイナンバーカードの読み取り」をクリック

11)マイナンバーカードの「利用者証明用」のパスワードを入力

※マイナンバーカードを取得した際に市区町村の窓口で設定された「利用者証明用」のパスワード(4桁の数字)を入力
※市役所でパスワード設定用の紙をもらえます。

マイナンバーカードには3種類パスワードがあるので入力の際は間違えないように注意が必要です。

・利用者証明用
・券面事項入力補助用
・署名用

12)マイナンバーカード方式の利用開始の画面で、利用者識別番号を入力

13)初めてe-Taxを利用する場合は、利用者番号をお持ちでない方の「利用者情報の登録へ」へをクリック

14)利用者情報の登録画面で「マイナンバーカードの読み取り」をクリック

15)「券面事項入力補助用」のパスワードを入力(4ケタの数字)

※利用者証明用と同じパスワードの場合もあるため間違えないように入力

16)表示された「マイナンバーカードの情報」を確認し、次へをクリック

17)e-Taxの届出を入力する画面に移動⇒空欄に入力

18)確認画面で確認をし、間違えがなければ「送信」をクリック

以上で、マイナンバーカード方式で利用するための事前準備が完了です。

1度事前準備を済ませておけば、次回からは自動で入力されるので入力の手間が省けます。

19)続けて、「作成する申告書等の選択の画面」から申告内容の入力

20)「e-Taxで送信」で完了!

e-Taxで送信する際に、マイナンバーカードの「署名用」のパスワードが必要になります。

マイナンバーカード方式がはじめての場合、以上の3種類のパスワードが必要となります。

次回からは「利用者証明用」のパスワードと「署名用」のパスワードのみで確定申告書類の作成&送信ができます。

国税庁のホームページから確定申告をするならこちら
http://www.nta.go.jp/

e-Taxソフトを使って確定申告をしたい場合は?

以上は「確定申告書等作成コーナー」から「e-Taxで提出」にて確定申告書を作成する方法を紹介しましたが従来どおりe-Taxソフトを使った確定申告も可能です。

・従来までの方式で利用する人
・マイナンバーカード方式で利用する人

のいずれかであれば、下記のe-Taxソフトを使うことができます。

1)e-Taxソフト(WEB版)…WEB上で作成
2)e-Taxソフト(SP版)…スマホのブラウザ上で作成
3)e-Taxソフト(ダウンロード版)/ソフトをパソコンにダウンロードし作成

こちらは利用できる推奨環境が決まっており、開始(変更等)届出書の提出をし利用者識別番号の取得がが必須になります。

利用するメリットは「いままで使っていて使いやすいから」という人であれば、以前の入力した情報を元に利用することが可能です。

初めて使う人の場合は、e-Taxソフトは使わず「確定申告書等作成コーナー」で「e-Taxで提出」をしたほうが分かりやすく楽チンとなります。

e-Taxで確定申告!ホームページはこちら
http://www.e-tax.nta.go.jp/index.html

まとめ

e-Tax(イータックス)と言えば、

・ネット上で確定申告できる
24時間、土日祝日も利用できる※
・ネットから申告書の提出ができる
・税務署へ行って並ばずに済み忙しい人も安心!

※メンテナンス時間(月曜0:00~8:30を除く)

といった利点がありますが、利用するまでに事前準備や用意するものがあり実際は大変だった!と驚く人も多かったと思います。

私もその1人です。

特にマイナンバーカードを持っていない場合は、申告から交付書が届くまで3週間以上と時間が掛かりますし、対応のICカードリーダライタを用意する必要があります。

確定申告の期間前に用意できれば余裕がありますが、確定申告期間中にマイナンバーカードの取得の手続きをしていたら間に合わない可能性も出てきます。

意味が無い…と残念に思ったあなたも安心してください!

2019年1月~e-Taxが簡便化され、

・マイナンバーカード不要
・ICカードリーダライタ不要

で利用できるようになりました。

その代わりに、

・ID・パスワード方式の届出完了通知

を税務署で対面による本人確認を行い発行してもらう必要があります。(運転免許証などを持参し、当日発行可能)

またこちらの方式による利用は、マイナンバーカードやICカードリーダライタが普及されるまでの暫定的な利用方法となります。

今後もインターネットから申告書の作成&提出をしたい場合は、早めにマイナンバーカードとICカードリーダライタの取得を済ませておきましょう!

所轄の税務署を調べるならこちら(国税庁)
https://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm

確定申告書等作成コーナーはこちら(国税庁)
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-税金・申告

Copyright© WEB新聞.biz , 2020 All Rights Reserved.