【最新版】iTunes無料ダウンロード&同期、バックアップの方法【まとめ】

投稿日:2018年10月27日 更新日:

スポンサーリンク

スポンサーリンク

iTunes(アイチューンズ)はAppleが提供するメディアプレイヤーですが、MacだけではなくWindowsパソコンにも無料でダウンロードすることが出来ます。

基本的に、

・お気に入りの音楽の整理や編集
・iPhoneなどのAppleデバイスと同期する
・スマホの買い替え時に、バックアップを保存する

といった時に欠かせないミュージックプレイヤー兼、編集・保存ツールとなっています。もちろんCDから音源を簡単に取り込むこともできます。

それでは早速、iTunesをあなたのパソコンにダウンロードしましょう!

iTunesのダウンロードはこちら(無料)
https://www.apple.com/jp/itunes/download/

スポンサーリンク

【最新版】iTunes(アイチューンズ)のダウンロード方法は?

iTunes(アイチューンズ)はApple(アップル)が提供しているので、Appleのダウンロードページより無料ダウンロードすることが出来ます。

1)iTunesのダウンロードページを開く
2)「今すぐダウンロード」ボタンを押す
3)ダウンロードされた.exeファイルを実行する
4)iTunesへようこそ画面より、次へを押しインストールを開始
5)オプションの選択で、ショートカットや日本語など言語を選択
6)おめでとうございます画面より、完了を押しパソコンを再起動をすれば利用開始

ダウンロード~インストール、利用開始までは上記の流れで行います。

ちなみに、

・Macで開くとMac用のiTunes
・Windowsで開くとWindows用のiTunes

が自動的に認識され、あなたのパソコンに最適なバージョンのダウンロードボタンが表示されますので安心してダウンロードを開始してください。

今すぐiTunesをダウンロードするならこちら
https://www.apple.com/jp/itunes/download/

iTunesの64ビット版と32ビット版の違いとは?

iTunesをダウンロードする際、ボタンに「今すぐダウンロード(64ビット版)」と記載があり、その下に「Windows 32ビット版をお探しですか?ここからダウンロード >」とあります。

一瞬どっちなの?(どっちがいいの?)と迷いますよね。

これは、あなたの使っているWindowsパソコンのOSがどちらかによってダウンロードするファイルが異なるために両方用意されています。

カンタンに言えば64bit版OSのWindowsパソコンのほうが性能が良いので、32bit版OSを使っている人は64bit版iTunesを正常に利用できない…となります。

自分の使っているパソコンのOSに合わせたファイルのダウンロードが必要になります。

自分のパソコンのOSを確認する方法は?

不安な人は自分の使っているWindowsパソコンのOSを確認しましょう。

1)ディスプレイ画面上にある「コンピューター」のアイコンを右クリック
2)プロパティ(R)をクリック

するとシステム情報が表示されます。

画面中央ほどにある「システム」欄の「システムの種類」に

・64 ビット オペレーティング システム または、
・32 ビット オペレーティング システム

といった記載があるので、こちらで自分のパソコンが64ビットなのか32ビットなのかを判断することができます。

ディスプレイにコンピューターアイコンがない人は下記の方法でもシステム情報を表示することができます。

1)Windowsスタートマークをクリック
2)検索窓に「システム」と入力
3)検索結果に表示される「システム」をクリック

こちらの方法でも表示が可能です。

確認が済んだらiTunesをダウンロードしてみましょう。

最新版iTunesのダウンロードはこちら
https://www.apple.com/jp/itunes/download/

【最新版】iTunesがダウンロードできるパソコンは?

iTunesは下記のパソコンなら最新版を無料でダウンロードできます。

・Windows 7 以降(Windows 7、Windows 8、Windows 10)
・Mac OS Xバージョン10.10.5以降

iTunesがダウンロード(インストール)出来ない場合は?

iTunes for Windows をインストールまたはアップデートできない場合は下記の手順で確認&実行をしてください。

1)コンピュータに管理者としてログイン
2)Microsoft Windows の最新のアップデートをインストール
3)お使いの Windows でサポートされている最新バージョンのiTunesをダウンロード
4)ダウンロードされたインストーラーを実行し、再起動&iTunesを起動
5)上記で出来ない場合は、一度iTunesを削除し再インストール
6)競合を起こしているソフトウェアを無効にする
7)コンピュータを再起動
8)起動後に、Windows パソコンで実行中のソフトウェアを調整し、iTunes を再インストール

こちらの詳細は、AppleのiTunesヘルプにて確認が出来ます。

・Windows XP
・Windows Vista

を使っている方も下記からiTunesのダウンロードが可能です。

インストールまたはアップデートできない場合のヘルプはこちら
https://support.apple.com/ja-jp/ht201668

iTunesと同期できない場合は?

基本的に、iPhoneなどのお手持ちのiOSデバイスをUSBでパソコンに接続するだけでダウンロードしたiTunesとの同期ができます。

ですが、iTunes で iPhone、iPad、iPod が認識されないこともあります。

認識されない時は下記を1つずつ実行して、デバイスの接続をし直すと同期できるようになりますので確認してみてください。

1)自分が使っているiTunesは最新バージョンか?(最新で無い場合はアップデート)
2)Mac または Windows パソコン上のソフトウェアは最新か?
3)iPhoneなどの接続するデバイスの電源は入っているか?
4)「このコンピュータを信頼しますか?」という警告が表示された場合は、「信頼」をタップ
5)接続するデバイス以外のUSBを外して、USBポートを1つずつ試す。また、USBケーブルを変えてみる。
6)コンピュータと iPhone、iPad、または iPod を再起動
7)デバイスを別のコンピュータに接続してみる。同じ問題が起きるならAppleサポートへ問合せ

以上の7つを実行&確認してみて、認識されるか確かめます。

上記を試してもダメな場合は、下記ページよりさらに確認する方法&Appleサポートへの問合せ方法が記載されていますので参考にしてみてください。

問題が解決しない場合はこちら
https://support.apple.com/ja-jp/HT204095

iTunesにバックアップをする方法

iPhoneなど機種変やスマホの買い替え時に、デバイスのデータをバックアップしたい場合はiCloudまたはiTunesへバックアップする方法があります。

iPhoneのほかに、iPad、iPod touchのバックアップにも使えます。

一番安心なのは、iCloudとiTunes両方でバックアップを取っておくことです。

iTunesでのバックアップ方法は下記の通りです。

1)最新バージョンのiTunesにアップデート
2)iTunesを開き、USBなどでコンピューターにデバイスを接続
3)コンピューターの許可や信頼などの表示が出たら画面に従い操作
3)iTunesの画面、左上に iPhone/iPad/iPodなど表示されたデバイスをクリック
4)バックアップ欄の自動的にバックアップの「このコンピューター」をクリック(必要なら)
5)全ての情報(パスワード等)をバックアップしたい場合は「バックアップの暗号化」にチェック
6)保護用のパスワードを入力(復元時に必須。忘れると復元不可なので注意!)
7)手動でバックアップ/復元の「今すぐバックアップ」をクリック

以上で、iTunesにiPhoneなどのデバイスのデータをバックアップすることができます。

機種変更などで新しいデバイスを手元に用意できたら「バックアップを復元」ボタンにより復元が可能です。

バックアップの詳細を確認したい場合はこちら
https://support.apple.com/ja-jp/HT203977

iTunesのバックアップの注意点!

バックアップを取る際に「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れることで、通常バックアップでは取れない下記のバックアップが可能です。

・保存したパスワード
・Webサイトの履歴
・Wi-Fi設定
・ヘルスケアデータ

こちらも全てバックアップを取っておきたい場合に「暗号化」を使用しますが、暗号化には「パスワード」が必要になります。

このパスワードが厄介で、もし忘れた場合は復元が出来なくなり、暗号化のオフ設定やパスワードの変更も出来なくなります。

一度設定すると次回より自動的に暗号化でバックアップをしてくれるため毎回パスワードの入力が必要ありません。

そうするとパスワードをうっかり忘れてしまう可能性が高くなります。

バックアップを復元時にはパスワードが必要になるため「パスワード…なんだっけ?」とならないようにメモしておくか覚えておくことが必須になります。

暗号化したバックアップのパスワードを思い出せない場合はこちら
https://support.apple.com/ja-jp/HT205220#help

iTunesをアップデートする方法は?

既にダウンロードしてあるiTunesを最新のiTunesにアップデートするには2通りの方法があります。

その1:アイコンをクリックして、最新バージョンへ自動アップデート

こちらはiTunesを開いた時に、最新バージョンのiTunesがあった時画面上にアナウンスが表示されるのでそのままアップデートする方法です。

基本的に設定など弄っていなければ、起動時に更新できます。

その2:iTunesを立ち上げ、手動でアップデート

こちらは下記の手順で出来る手動アップデートです。

1)iTunesを開く
2)ヘルプ(H)をクリック
3)更新プログラムを確認(C)をクリック
4)バージョンが古いとここからアップデート(インストール)が可能です

最新版のiTunesをダウンロードするならこちら
https://www.apple.com/jp/itunes/download/

iTunesの疑問は「iTunes サポート」を活用すべし!

iTunesを初めて使う場合や、ダウンロードはしたものの普段あまり使わない場合など、どうやって操作したら良いのか解らないですよね。

そんな時は「iTunes サポート」ページを確認すれば、自分の悩んでいる箇所を簡単に解決できます。

例えば、

・最新バージョンのiTunesを入手する(Mac/Windows)
・iTunesでエラーコードや警告メッセージが表示される場合
・iTunes を使って iOS デバイスとコンテンツを同期する方法
・Apple Music を使ってみよう(初回3ヵ月無料)
・以前購入したコンテンツを再ダウンロードする方法

などなど、よくある質問に対する回答がすぐさま解決できます。

さらに困った時は、ページの一番下にある「誰かに相談したいときは」の「Apple サポートへ問い合わせる」をクリック!

・iTunes プレイヤー(読み込み、ディスク作成、同期など)
・iTunes Store(ミュージック、映画、Appおよびブックの購入)
・Apple Music(見つける、Connect、メンバーシップなど)

から質問したい項目を選び、いくつかの質問に答えて行くだけで、あなたの困っている問題に対する解決策を案内してくれます。

自分の今の状態に合わせて選択肢をクリックしていくだけなのでこれは本当に便利です。

「検索しても良くわからない!」
「自分の知りたい答えが載っていない!!」

そんな時は「iTunes サポート」を活用してみてください。もちろん、電話で問合せなども可能です。

iTunesサポートページはこちらから
https://support.apple.com/ja-jp/itunes

まとめ

私はスマホはiPhoneを使っていますが、パソコンはWindowsパソコンを利用しています。

iTunesはMacだけではなく、Windowsでも問題なくダウンロード可能です。

私は普段音楽を持ち歩かないため、iTunesはスマホを買い換える時のバックアップのみで利用しています。

iCloudにもバックアップを保存することはできますが、やはり心配なのでパソコンへの保存もしておきたい!という気持ちからiTunesをダウンロードしました。

iTunesは度々アップデートがありますが、基本的に自動アップデートなので立ち上げた時に「最新版へアップデートしますか?」といった確認が出てくれるので安心です。

もし出てこないときもiTunesを立ち上げ>ヘルプ>更新プログラムを確認から簡単にアップデート可能です。

バックアップ以外にも

・CDを取り込みプレイリスト作成
・Apple MUSICで無制限ダウンロード(初回3ヵ月無料)
・Radio視聴
・ストアで映画や音楽の購入
・iOSデバイスへ同期して持ち運び

などなど出来ることが沢山あります。

アップルユーザーには必需品のiTunes(アイチューンズ)。あなたも早速ダウンロードしてみてください。

【最新版】iTunesの無料ダウンロードはこちら
https://www.apple.com/jp/itunes/download/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-インターネット・パソコン

Copyright© WEB新聞.biz , 2020 All Rights Reserved.