確定申告をするなら!国税庁の確定申告書等作成コーナー(平成30年分)

投稿日:2019年1月19日 更新日:

スポンサーリンク

スポンサーリンク


確定申告の準備は進んでいますか?
2018年分(平成30年分)の確定申告の提出・納税の期限は下記の通りです。

所得税および復興特別所得税・贈与税:2019年2月18日(月)~3月15日(金)まで
個人事業者の消費税および地方消費税:2019年2月18日(月)~4月1日(月)まで

あなたが申告する内容や申告の仕方によって、事前準備や必要書類、提出書類などが変わってきますので早目はやめの準備をしておくと安心です。

(平成30年分)国税庁 確定申告書等作成コーナーはこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

スポンサーリンク

国税庁の確定申告書等作成コーナーで出来ることとは?

確定申告書等作成コーナーは、家に居ながら、24時間、土日祝日、好きな時間に確定申告書類を作成ができ

【1】画面の案内に従い、金額などを入力すると
【2】税額などが「自動的」に計算され
【3】確定申告書などがネット上で作成できる

といったシステムになっていて国税庁のホームページより利用が可能です。

平成25年分から、平成30年分の申告書等を作成できます。

パソコンから申告となり、手書きで書かなくて良いので計算する手間や間違える心配もありませんし、好きな時間に作成し保存もできるので空いた時間に続きから作成することもできます。

早速、確定申告書を作成する!
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl


作成コーナーなら、選べる提出方法2つ

そして、提出方法を下記の2つから選ぶことが出来ます。

・e-Taxで提出(ネットから送信/事前に利用の準備が必要)
・印刷して書面提出(郵送または、直接税務署へ行き提出)

e-Taxで提出する場合、昨年までは「マイナンバーカード」と「ICカードリーダライタ」が必須となっていました。

ですが、平成30年分の確定申告はこの2つが無くても「ID・パスワード方式」を利用してe-Taxで提出することができるようになりました。

また、印刷して書面提出の場合に自宅にプリンターが無くてもコンビニなどのネットプリントで印刷できるので書面提出したい人も安心です。

確定申告書等作成コーナーで確定申告するならこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

確定申告書等作成コーナーから申告できる内容は?

作成コーナーで申告できる内容は下記の通りです。

1:所得税の確定申告書の作成

所得税の確定申告書の作成ができます。

・給与所得や年金所得がある人
・事業所得や不動産所得、配当所得や株式等の譲渡所得がある人
・医療費控除や寄附金控除、住宅ローン控除を受ける人

年末調整を行った人でも、下記に該当する場合はこちらから確定申告書の作成ができます。

~所得控除を受ける場合~

医療費控除(最高200万円まで)
・寄附金控除(ワンストップ特例制度を利用しなかった場合)
・雑損控除(災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合等)
・上記以外の控除の追加・変更

~税額控除等を受ける場合~

・(特定増改築等)住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除
・下記のいずれか
住宅耐震改修特別控除
住宅特定改修特別税額控除
認定住宅新築等特別税額控除

・外国税額控除
・予定納税額
・本年分で差し引く繰越損失額
・翌年以後に繰り越す損失額

といった還付申告も可能です。

所得税の確定申告をするならこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

2:青色申告決算書・収支内訳書の作成

事業所得や不動産所得がある人が作成できます。

・青色申告決算書
・白色申告書に添付する収支内訳書
・現金主義用の青色申告決算書

3:消費税の確定申告書の作成

個人事業者の人が、消費税の確定申告書の作成をできます。

申告する年分(課税期間)の前々年(基準期間)における課税売上高が1,000万円を超える場合作成が必要になります。

※一般課税を選択される方は、平成30年分の決算書等データを利用することで、決算額等を引き継いで、消費税及び地方消費税の確定申告書を作成することができます。

4:贈与税の申告書作成

財産の贈与を受けた人が、贈与税の申告書を作成できます。

・贈与税の申告書
・土地等の評価明細書

以上の4つの申告書類の作成~印刷または、e-Taxで提出をすることが出来ます。

国税庁 確定申告書等作成コーナーはこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

確定申告書等作成コーナーが「より便利に」変わりました!

実は、平成31年(2019年)1月から、確定申告書等作成コーナーが新しくリニューアルされています。

変更点1)作成コーナーのデザインがシンプルに

TOPページのデザインが昨年までとは変わり、シンプルで分かりやすいデザインに変更されています。

昨年までは少しごちゃっとしていた感じがあり、少し分かりにくかったのですが知りたいことが分かりやすくなりました。

ちなみに、確定申告書類を作成する画面の変更はされていません。

変更点2)e-Taxで提出がより便利に!

e-Taxで送信する場合、「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の選択ができるようになりました。

スマートフォンやタブレットからe-Tax送信をする場合は、マイナンバーカード方式が使えないため「ID・パスワード方式」を選択してください。

マイナンバーカード方式とは?

マイナンバーカードとICカードリーダライタを使ってe-Taxが出来る方式です。

ICカードリーダライタは、対応のスマートフォンをお持ちの場合、スマホの機能を使って代用が可能です。

従来よりも簡単にe-Taxができます。

・開始届出書の提出不要
・e-TaxのID・パスワード取得不要

入力途中でマイナンバーカードのパスワードの入力が必要ですが、e-TaxのID・パスワードを入力する必要はありません。

マイナンバーカードと、ICカードリーダライタをお持ちの方は書面提出ではなく「マイナンバーカード方式」にて申告書の提出が便利です。

マイナンバーカード方式の詳細はこちら
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/info-kakutei-mnc.htm

ID・パスワード方式とは?

税務署で対面による本人確認を行い発行された、ID・パスワード方式の届出完了通知を利用してe-Taxができる方式です。

・マイナンバーカード不要
・ICカードリーダライタ不要

こちらは、マイナンバーカードとICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な処置(概ね3年間)のため今だけ利用できる方式です。

ID・パスワード方式の届出完了通知とは?

こちらは、「ID・パスワード方式」を利用するために入力する

・利用者識別番号 [半角数字16桁]
・暗証番号 [半角英数字8文字以上50文字以内]

2点が記載された通知書となります。

1:お近くの税務署に行き取得(本人確認書類を持参する)
2:ネットからID・パスワード方式の届出を行う

という2つの方法で取得することが可能ですが、ネットからの場合は取得の際にマイナンバーカードとICカードリーダライタが必要になります。

それでは意味が無いので、税務署へ行き取得をする必要があります。

税務署の開庁時間は、

・月曜日から金曜日(祝日等を除く)午前8時30分から午後5時まで

となります。

お近くの税務署の所在地を確認するならこちら
https://www.nta.go.jp/about/organization/index.htm

変更点3)スマートフォンからの申告が便利に!

今までもスマホから確定申告をすることができましたが、スマホ・タブレットに最適化したデザインの画面にリニューアルされ使いやすくなりました。

確定申告書等作成コーナーのURLをスマホで開くと、スマホ専用画面にて申告できます。

・所得税の確定申告書が作成可能!
・ID・パスワード方式を利用して提出OK!
・もちろん申告書を印刷しての書面提出も可能です。

最初は質問にタップして答えていきますが、スマホ作成に該当できない人は「お手数ですがPC版をご利用ください。」という案内がでます。

その際はPC版の確定申告等作成コーナーより申告をしましょう。

作成コーナーをスマホで開くならこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

その他の変更点)

生命保険料控除や寄附金控除の入力が便利に

交付を受けた電子データ(xml形式)があれば読み込みできるため、数字の入力が不要になりました。

※生命保険会社から生命保険料控除証明書が電子データで交付されている場合。
※寄附先から寄附金の受領証明書等が電子データで交付されている場合。

QRコードを使用してコンビニエンスストアで納付可能に

申告書を作成する流れの中で作成したQRコード(PDFファイル)を出力してコンビニエンスストアで納付ができます。

利用可能額:30万円以下
利用可能なコンビニエンスストア:

・ローソン、ナチュラルローソン、ミニストップ(いずれも「Loppi」端末設置店舗のみ)
・ファミリーマート(「Famiポート」端末設置店舗のみ)

変更点の詳細はこちら
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/info-kakutei.htm

確定申告書等作成コーナーの作成の流れは?

では実際にどのように確定申告書類を作成していけばよいのでしょうか?

作成の流れは下記の通りです。

1:入力に必要な書類を準備
2:作成方法の選択
3:税務署への提出方法の選択
4:作成する申告書等の選択
5:申告書等の作成・中断・再開
6:申告書等の提出

以上の6ステップで確定申告書の作成~提出(または印刷)までがネット上で可能になります。

実際、何を用意すればいいのか?どうすればいいのか?を解説していきます。

早速、確定申告書を作成するならこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

1:入力に必要な書類を準備とは?

まず、自分が確定申告書を作成するにあたり必要な書類を用意します。

必ず必要となる書類

確定申告に当たり共通して必要になる書類は「本人確認書類」です。

・番号確認ができる書類
・身元確認ができる書類

以上の2つを合わせて本人確認書類となり、添付して提出または提示が必要です。

マイナンバーカードを持っている場合

マイナンバーカードは、表が番号確認、裏が身元確認と1枚で両方の確認が取れるためマイナンバーカードのみで本人確認ができます。

コピーする場合は、裏面と表面両方のコピーが必要です。

マイナンバーカードを持っていない場合

下記それぞれ1点ずつ準備をする必要があります。

(番号確認できる書類より1点)

・通知カード
・住民票(個人番号付き)または、住民票記載事項証明書(個人番号付き)

(身元確認できる書類より1点)

・運転免許証
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳
・写真つき社員証
・写真付き資格証明書等
・公的医療保険の被保険者証
・年金手帳
・写真なしの身分証明書
・住民票
・納税証明書等 など

ちなみに、e-Taxで提出する場合はこれらの書類は省略できるためコピーして提出等は不要です。

(国税庁)本人確認に関するFQA
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/mynumberinfo/FAQ/honninkakunin_qa.htm

所得税の確定申告をする際に必要になる書類

申告する所得の種類等により必要な書類が異なります。

・収入・所得の入力に必要な書類

例)
給与所得の源泉徴収票
公的年金等の源泉徴収票
所得金額の算出まで終了している青色申告決算書(青色申告者)又は収支内訳書(白色申告者)

など

・控除の入力に必要な書類

医療費の領収書
支払った社会保険料の金額の分かるもの
生命保険料控除証明書 など

・その他

といったようにあなたの申告する内容により書類が異なるため、下記より必要書類の確認をしてください。

所得税の入力に必要な書類はこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/st/ccw2500/h30#ccw2500_h30_sonota

決算書・収支内訳書を作成する際に必要になる書類

申告する内容により、必要な書類が異なります。

・売上帳や買掛帳など
(月別の売上(収入)金額や仕入金額の分かるもの)

・棚卸表など
(期首及び期末商品(製品)棚卸高の分かるもの)

・経費帳や固定資産台帳など
(経費の金額が分かるもの)

・源泉徴収簿など
(給料賃金等から差し引いている源泉徴収税額が分かるもの)

消費税の確定申告書を作成する際に必要になる書類

申告する内容により、必要な書類が異なります。

平成30年分の消費税及び地方消費税の入力に必要な書類は次のとおりです。

・青色申告決算書、収支内訳書など
(売上金額・仕入金額など科目ごとの決算額の分かるもの)

・帳簿など
(取引の明細の分かるもの)

・申告書の控え、青色申告決算書、収支内訳書など
(基準期間(前々年)の課税売上高の分かるもの)

・契約書など
(固定資産の譲渡や取得があった場合、譲渡(取得)金額の分かるもの)

消費税の申告に必要な書類はこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/st/ccw2502/h30

贈与税の確定申告書を作成する際に必要になる書類

贈与を受けた財産の種類、適用を受ける特例の種類により必要な書類が異なります。

・財産の評価に当たって必要な書類
・納税猶予税額などの計算に当たって必要な書類
・受益者等が存しない信託等に係る贈与税の申告をする場合や人格のない社団等又は持分の定めのない法人が贈与税の申告をする場合に当たって必要な書類
・申告書の添付書類

実際にどのような書類を用意しなければいけないのか?は下記より確認が可能です。

贈与税の入力に必要な書類(詳細)
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/st/ccw2503/h30

2:作成方法の選択とは?

作成コーナーのトップ画面に、

・作成開始
・保存データを利用して作成

二つのボタンが用意されています。

初めて作成する人や保存データを持っていない人は「作成開始」の黄色いボタンをクリックしてください。

過去に作成コーナーを利用したことがあり、保存データ(拡張子が「.data」となっているもの)を持っている場合はその情報を利用できます。

「保存データを利用して作成」の黄色いボタンをクリックし、次の画面で「新規作成」をクリックしてください。

(国税庁)作成コーナートップはこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

3:税務署への提出方法の選択とは?

提出方法は、「e-Taxによる送信」と「印刷して書面による提出」が選択できますので最初にどちらで提出するかを選びます。

e-Taxで提出する場合

「マイナンバー方式」と「ID・パスワード方式」より選択が可能です。

・マイナンバー方式
…マイナンバーカードとICカードリーダライタを持っている人

・ID・パスワード方式
…税務署で対面による本人確認をして受け取った「ID・パスワード方式の届出完了通知」を持っている人

※マイナンバーカードとICカードリーダライタは不要。

こちらはそれぞれ現在お持ちでなくても、入手してから利用することができます。

マイナンバーカードの入手は、申請~交付通知書が届くまで1ヵ月程度。そのあと交付通知書を持ちはがきに記載された交付場所に取りに行きます。

ICカードリーダライタは、お近くの家電量販店やネット通販でも購入が可能です。対応機種があるため事前に確認しておくと安心です。

ID・パスワード方式の届出完了通知は、税務署に本人が本人確認書類(運転免許証など)を持っていけば当日、その場で交付されます。

e-Taxによる送信の場合の詳細はこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/st/guide/use#ccw2500_3

印刷して書面提出する場合

こちらはe-Tax(ネットから提出)ではなく、プリンターで印刷して税務署へ持っていくまたは郵送にて提出する方法です。

・自宅のプリンターで印刷
・プリンターが無くても、コンビニ等のプリントサービスを利用して印刷

どちらかより選べます。

提出する税務署はお住まいの管轄の税務署となりますので前もって調べておくと安心です。

税務署の所在地などを知りたい方(国税庁)
https://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm

4:作成する申告書等の選択とは?

4つの作成コーナーより、自分の該当する申告書等を選んで作成します。

【1】所得税の申告書を作成する人

事業所得や不動産所得がない場合…所得税の確定申告書のみ作成
事業所得や不動産所得がある場合…決算書・収支内訳書を作成後、データを引き継ぎ所得税の確定申告書を作成

※決算書・収支内訳書を作成済みの人は、所得税の確定申告書のみ作成

【2】消費税の申告書を作成する人

「消費税」のコーナーをクリックし確定申告書の作成

【3】贈与税の申告書を作成する人

「贈与税」のコーナーをクリックし確定申告書の作成

確定申告書を作成するならこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

5:申告書等の作成・中断・再開とは?

確定申告書等作成コーナーで作成した申告書は、入力の途中にデータをダウンロードしておけば作成を中断することができます。

・取り急ぎ作り始めたが時間がない人
・作成途中で休憩したい人
・作成途中で席を外さなければいけなくなった人
・忙しくて続きはとりあえず休日に作りたい人

など、途中まで入力した情報を消さずに「入力中のデータをダウンロードする」をクリックするだけでダウンロード&保存が可能です。

※ある程度入力していくと、画面の右下に「入力データの一時保存(作成を中断する場合)」というボタンが表示されますので、まずそちらをクリック。

作成を再開したい場合は、作成コーナートップの「保存データを利用して作成」の黄色いボタンをクリックして「作成再開」をクリックします。

あとは保存データ読込の画面が表示されるので、パソコンに保存しておいたデータ(.data)を読み込むことで作成の再開が可能です。

途中保存も出来る!作成コーナートップはこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

6:申告書等の提出とは?

「e-Taxで提出する」を選んだ人は、そのままネット上よりデータ送信が可能です。

本人確認書類(番号確認書類&身元確認書類)や源泉徴収票などは入力済みのため添付して送信する必要はありません。

省略できる書類以外をお持ちの場合や、必要な場合のみ添付書類を税務署へ持参するか郵送で提出する必要があります。

「印刷して書面提出をする」を選んだ人は、作成した書類をパソコンへ保存し印刷をしてからお住まいの管轄にある税務署へ持参または郵送にて提出が必要です。

本人確認書類や源泉徴収票などの添付書類は、添付書類台紙を一緒に印刷できるためそちらに貼り付けて確定申告書類と一緒に提出をします。

申告書に添付・提示する書類の詳細や、添付書類台紙をダウンロードしておきたい人は下記から確認できます。

(国税庁)申告書に添付・提示する書類
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki/2016/a/04/4_01.htm

まとめ

平成30年分の確定申告の期限は、2019年2月18日(月)~3月15日(金)までとなっています。

確定申告の時期になると必要な書類や記載内容などどうしたらいいのか毎回あわあわしてしまう人もいるかと思います。

私もその1人です。

税務署へ行けば、職員の方に分からないことを聞きながら書類の作成をすることも可能ですが、混む・並ぶ・時間が掛かる・平日しか空いていない、つい後回しにしがちです。

さらに行ったはいいけど、忘れ物をしてしまい再度行かなくてはいけなくなった!等、何かと手間も掛かってしまいます。

そこで活躍するのが国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用する方法です。

・家から申告できる
・好きな時間に24時間申告できる
・土日祝日もOK

忙しいあなたに最適となっています。

不明な点があったときも、サイト上にある「ご利用ガイド」や「よくある質問」を確認すれば解決できますし、昨年よりも断然サイトが分かりやすくなりました。

そして、マイナンバーカードとICカードリーダライタが無いと使えなかった「e-Tax送信」。

平成31年1月からは「ID・パスワード」があれば、マイナンバーカードとICカードリーダライタが無くても利用できます。

税務署へ行きID・パスワード届出通知書を発行してもらう必要がありますが、これがあれば確定申告の期限まで余裕を持ってネットから申告を済ませることが可能です。

※平成30年1月以降に、確定申告会場等で「ID・パスワード方式の届出完了通知」を受け取ったひとは、改めて税務署へ行かなくてもそのまま使えます。

そちらも面倒な場合は「印刷して書面提出」を選びましょう!

書面提出の場合は、郵送または税務署へ持参となりますので前もって所轄の税務署を調べておくと安心です。

税務署の所在地などを知りたい方はこちら(国税庁)
https://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm

確定申告書等作成コーナーはこちら(国税庁)
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-税金・申告

Copyright© WEB新聞.biz , 2020 All Rights Reserved.