Yahoo!地図でルート検索!ヤフーマップの使い方、ストリートビュー地図検索方法は?

投稿日:2019年5月14日 更新日:

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Yahoo!が提供している「ヤフー地図」はPC版の名前となり、スマホアプリとして利用する場合は「Yahoo!MAP(ヤフーマップ)」と言う名称で無料ダウンロードができます。

Googleマップが、2019年3月以降より地図のZENRIN(ゼンリン)のデータを使わなくなったため地図の表示内容が劣化(変更となり)以前よりも使いにくくなりました。

特にナビ機能の劣化が激しく、地図上の道が無くなったり獣道や私有地への案内も…。

そこで、Googleマップから現在もゼンリンデータを使用しているYahoo!マップへ乗り換えるユーザーが増えています。

早速、Yahoo!MAP(ヤフーマップ)をダウンロードするならこちら
https://map.yahoo.co.jp/promo/

スポンサーリンク

【PC版/スマホ版】ヤフー地図の使い方

ヤフー地図は無料で利用することができますが、PC版とスマホ版で使い方が若干異なります。

【PC版】Yahoo!地図の検索方法

1:サイトを開く
2:検索窓にキーワードや、郵便番号、住所などを入力し検索
3:検索結果を地図で表示

こちらがPC版の基本的な検索方法となり、最初から地図上に「現在地」は表示されません。

PC版のGoogleマップを使ったことがある人は一瞬戸惑うかもしれませんが「行きたい場所、目的地を検索して探す」というマップになります。

早速、ヤフー地図を開くならこちら
https://map.yahoo.co.jp/

他にもあります!Yahoo!地図の検索方法

キーワードなどを入力して検索するほかにも地図を表示する方法があります。

1:すぐに地図を見る

こちらのボタンをクリックすると「日本地図」が表示されるので、マウスのホイールでスクロールすることにより地図の周辺地域を拡大・縮小して表示することができます。

地図周辺を大きく見たい!地域を詳細に見たい!大体の場所を表示したい!といった時に便利です。

2:都道府県から探す

こちらは47都道府県より、検索したい都道府県をクリックして五十音順で表示される市区町村~番地までを選んで表示することが可能です。

番地まで選ばずに途中途中で地図を表示することもできるので広範囲での表示も可能です。

3:ジャンルから探す

こちらは下記のジャンルより行きたい場所を絞り込んでいくことができます。

・食べる
・買う
・遊ぶ
・暮らす

それぞれクリックすると下記よりさらに詳細に絞り込みをすることができます。

「食べる」の場合

和食
洋食
バイキング
中華
アジア料理、エスニック
ラーメン
カレー
焼肉、ホルモン、ジンギスカン

居酒屋、ビアホール
定食、食堂
創作料理、無国籍料理
自然食、薬膳、オーガニック
持ち帰り、宅配
カフェ、喫茶店
コーヒー、茶葉専門店
パン、サンドイッチ
スイーツ
バー
パブ、スナック
ディスコ、クラブハウス
ビアガーデン
ファミレス、ファストフード
パーティー、カラオケ
屋形船、クルージング
テーマパークレストラン
オーベルジュ
その他

「買う」の場合

メガネ、コンタクトレンズ
ドラッグストア、市販薬
家電、携帯電話
百貨店、ショッピングセンター
コンビニ、スーパー
リサイクル、ディスカウントショップ
生活用品、インテリア
趣味、スポーツ、工芸
ファッション、アクセサリー、時計
食品、食材
通信販売
自動車、バイク

「遊ぶ」の場合

スポーツ
麻雀、ゲームセンター
レジャー、趣味
ホテル、旅館
エンタメ、映画館、美術館
交通、レンタカー
旅行サービス
パチンコ、パチスロ

「暮らす」の場合

交通、レンタカー
病院、診療所
薬局
マッサージ、整体、治療院
介護、福祉
趣味、習い事
学校、大学、専門学校
進学塾、予備校、各種学校
保育園、幼稚園、育児
住宅、不動産
住宅設備
郵便局、宅配便
生活サービス
自動車、バイク
結婚式場、結婚相談所
葬祭、仏壇
銀行、保険、金融
ペット、動物病院
銭湯、浴場
美容、サロン
専門職、弁護士、司法書士
人材派遣
官公庁
公共サービス、各種団体
寺院、神社
避難所、避難場所、一時滞在施設

表示される地図は、はじめてYahoo!地図を検索する場合は「日本地図」すでにどこかを表示した場合は「最後に表示した地図」として表示されます。

いずれかをクリックした後に、検索窓に地域名を追加することで調べたい地域のジャンルを表示することができます。

例)遊ぶをクリックし、スポーツをクリックした場合

1:検索窓に「スポーツ」が自動で入力される
2:検索窓のスポーツの後ろに、半角スペースと調べたい地域名を入力
3:地域名周辺にあるスポーツができる施設が表示される
4:マウスのホイールで地図のスクロール(拡大・縮小)が可能

また、左メニューに検索した施設の詳細が表示されるのでクリックして住所や道案内、口コミなどの詳細を確認することができます。

早速、ヤフー地図で検索するならこちら
https://map.yahoo.co.jp/

4:世界から探す

ヤフー地図では、日本のほかに世界地図の検索をすることができます。

・アジア
・ヨーロッパ
・北米
・中南米
・オセアニア
・中近東
・アフリカ

残念ながらGoogleマップとは違い、世界の地域の詳細までは地図上で表示することはできません。

見れるのは、地域名と道路や鉄道といった「地図」としての表示のみとなります。

5:路線図から探す

こちらは下記よりクリックすることで路線図での表示が可能です。

札幌
仙台
東京
横浜
名古屋
京都
大阪
神戸
広島
福岡

路線図を表示した後は、路線図と駅名が表示されます。左クリックで地図を動かしたりダブルクリックまたはマウスのホイールで拡大・縮小表示が可能です。

表示される地図が「鉄道路線」表示となるため、右上の「鉄道路線」をクリックすることで地図の種類を変更することも可能です。

6:地下街から探す

Yahoo!MAPの便利なところはこの「地下街」の詳細が見れることです。

初めて行く地下街などはマップアプリを使っていても迷うことが多く、自分がどこを歩いているのかもよく分からない!という状況に陥るケースが多々あります。

Yahoo!マップでは迷いやすい地下街のお店1件1件の名前から、出口、トイレ、ATMまで詳細に場所の表示をしてくれるため迷わず目的地まで辿り着くことができます。

地下街の詳細は下記の駅地下を見ることができます。

札幌

パセオ(札幌駅)
ステラプレイス(札幌駅)
アピア(札幌駅)
オーロラタウン(大通駅)
ポールタウン(大通駅)

東京

東京駅一番街(東京駅)
八重洲地下街(東京駅)
新宿サブナード(新宿駅)
小田急エース北館(新宿駅)
小田急エース南館(新宿駅)
京王モール(新宿駅)
フレンテ新宿(新宿駅)
しぶちか(渋谷駅)
池袋ショッピングパーク(池袋駅)
東武ホープセンター(池袋駅)
ウィング新橋(新橋駅)

横浜/川崎

ザ・ダイヤモンド(横浜駅)
ポルタ(横浜駅)
マリナード(関内駅)
アゼリア(川崎駅)

名古屋

ゲートウォーク(名古屋駅)
ユニモール(名古屋駅)
メイチカ(名古屋駅)
サンロード(名古屋駅)
新名フード(名古屋駅)
ミヤコ地下街(名古屋駅)
ファッションワン(名古屋駅)
エスカ(名古屋駅)
セントラルパーク(栄駅)
オアシス21(栄駅)
森の地下街(栄駅)
サカエチカ(栄駅)

大阪

ホワイティうめだ(梅田駅)
ディアモール大阪(梅田駅)
ドージマ地下センター(梅田駅)
なんばウォーク(なんば駅)
NAMBAなんなん(なんば駅)
クリスタ長堀(心斎橋駅)
あべちか(天王寺駅)
京橋コムズガーデン(京橋駅)

神戸

さんちか(三宮駅)
デュオこうべ山の手(神戸駅)
デュオこうべ浜の手(神戸駅)
メトロこうべ(神戸駅)

京都

ポルタ(京都駅)
ゼスト御池(京都市役所前駅)

広島

シャレオ(紙屋町)

福岡

博多駅地下街(博多駅)
天神地下街(天神駅)

以上、キーワード検索を含め上記7つの方法でYahoo!地図の検索&表示が可能です。

早速、PC版のヤフー地図でマップ検索をするならこちら
https://map.yahoo.co.jp/

【スマホ版】ヤフーマップの検索方法

スマホアプリの場合、PC版とは違いダウンロード後「MAPに位置情報補利用を許可する」設定をしておくことで「現在地」の表示が可能となります。

1:Yahoo!MAPアプリをダウンロード
2:起動し表示される案内に従い「次へ」をタップ
3:位置情報について「使用中のみ許可」「常に許可」「許可しない」を選びタップ
4:MAPの通知を選択「許可しない」「許可」
5:Yahoo!JAPAN IDでサインイン「キャンセル」「続ける」を選ぶ

以上で、初期設定が完了となります。

こちら選ぶ内容によって、使える機能と使えない機能があります。

それぞれの違いは下記の通りです。

位置情報を「使用中のみ許可」を選んだ場合

・地図を開くとGPSにて「現在地」が表示される
・雨雲レーダーを見ることが出来る(1時間前~最大6時間後まで)
・ルート案内(ナビ)が利用できる

位置情報を「常に許可」した場合

・地図を開くとGPSにて「現在地」が表示される
・雨雲レーダーを見ることが出来る(1時間前~最大6時間後まで)
雨雲が近付いてきた時に通知でお知らせ(突然のゲリラ豪雨も安心)
・近くで利用できるクーポンがある時に通知でお知らせ
・ルート案内(ナビ)が利用できる

位置情報を「許可しない」にした場合

・現在地は表示されない(デフォルトは東京駅)
・雨雲レーダーを見ることが出来る(1時間前~最大6時間後まで)
・ナビをしながらのルート案内は利用できない

通知の選択

・「許可しない」…通知は来ません
・「許可」…プッシュ通知、アイコンバッジ、サウンド等で通知

こちらの通知設定はヤフーマップ右下にある「その他」>「設定」>「通知設定」からもオン・オフや詳細設定ができます。

ちなみに、位置情報を”常に許可”していない場合、雨雲通知をオンにしても雨雲の通知は利用できないため注意が必要です。

Yahoo!JAPAN IDを「キャンセル」した場合

・雨雲レーダーは「1時間前~1時間後」までしか確認できない
・PC版のヤフー地図に登録した内容と連動できない
・「お気に入り」機能が使えない

Yahoo!JAPAN IDで「ログイン」した場合

雨雲レーダーを「1時間前~6時間後」まで見ることが出来る
・PC版ヤフー地図と連動して、PCで登録した内容をスマホで利用することができる
・「お気に入り」機能が使える

ログインに関しても、「その他」>「設定」よりログイン・ログアウトの設定が可能です。

ログインをしておくと便利なので、Yahoo!JAPAN IDをお持ちの場合はログインをしておきましょう♪

スマホ版・Yahoo!MAPをダウンロードするならこちら
https://map.yahoo.co.jp/promo/

ヤフーマップでルート検索するには?

ヤフーマップをナビとして利用したい場合は、位置情報の許可が必要です。ただ行き方を調べたい場合は位置情報の許可をしなくても検索できます。

1:位置情報を許可する(ナビとして利用したい場合)
2:現在地が表示される
3:行きたい場所の情報を入力するために検索窓をタップ
4:「ルートを探す」をタップ
5:スタート地点を変更したい場合は「現在地」をタップし入力
6:目的地をタップし検索窓に入力または、下記より選択

・地図上で選んで設定
・登録場所から選択(自宅、職場、お気に入り)
・検索履歴から選択

以上で、出発地と目的地を設定すると下記ルートの結果が表示されます。

・車
・電車
・徒歩

それぞれタップすることで地図が表示され行きかたの詳細が表示されます。

「出発」をタップするとナビ開始です!

早速、ヤフーマップでルート検索するならこちら
https://map.yahoo.co.jp/promo/

行き先が決まってない!そんな時は「スポット検索」

「カレーが食べたいけど、近くにお店あるかな」
「お金おろさなきゃ!近くにATMある?!」
「コンビニに行きたいんだけど…」

行きたい場所はあるけど、どこにあるか分からない!

そんな時に活躍するのが「スポット検索」です。

例えば検索窓に「コンビニ」と打ち込むと表示している地図上にコンビニが表示されますが、検索窓を利用しなくても1タップするだけで表示することが可能です。

1タップ検索ができる施設のジャンルは下記の通りです。

グルメ

グルメ
カフェ
スイーツ
居酒屋
和食
洋食
ファミレス
ファストフード
ラーメン
焼肉
イタリアン
ベーカリー
バー
クーポン

買い物

コンビニ
スーパー
ドラッグストア
100円ショップ
デパート
ホームセンター
書店
生花店

施設

公園
銀行ATM
郵便局
ホテル
映画館
観光スポット
アウトドア
美容院ネイル
スポーツ
マッサージ
カラオケ
病院
歯医者
ネットカフェ

おでかけ


駐車場
ガソリンスタンド

以上の施設検索が1タップでできます。

スポット検索は、現在地周辺や表示した地図上に施設の場所を表示させることが可能です。

スワイプやピンチイン、ピンチアウトで地図を動かすと「このエリアで検索」という文字が出るのでタップすることで再検索&表示をしてくれます。

付近にあるお店などの検索がカンタンにできるのでとても便利です。

近くのお店や施設を検索するならヤフーマップ!
https://map.yahoo.co.jp/promo/

ヤフーマップのストリートビューの使い方は?

残念ながら、

・PC版の「Yahoo!地図」
・スマホ版の「Yahoo!MAP」

ではストリートビューを利用することができません。

そもそも、ストリートビューとはGoogle独自のシステムのため現時点ではGoogleマップでしか見る事ができません。

Googleマップでは、360度撮影できるGoogleカメラで実際に道を通り撮影した映像を元にストリートビューとして景色などを地図上から目で確認することができます。

人力で作成したストリートビューは撮影した当時の情報のみ確認することができます。(何年かに1度更新される)

全世界のGoogleカメラが撮影した道に関してストリートビューが見れるため、この点ではヤフーマップでは勝てない内容となっています。

ヤフーでは見れないストリートビューを利用したい場合は、Googleマップの利用が必要です。

iPhoneなら「ARモード」で道案内が可能!

ストリートビューは使えませんが、道上に案内を表示してくれる「ARモード」でのナビがiPhoneのYahoo!MAPではできます。

1:出発地と目的地を入力
2:徒歩の検索結果を表示
3:出発するをタップ
4:右上に表示される「ARモード」をタップ
5:スマホのカメラを利用して道沿いにスマホをかざす
6:空間が認識されると画面に青いルートラインを表示

以上で「どっちに行けばいいのか?」「道を間違えていないか?」といったことの確認ができます。

注意点としては、歩きスマホは危険なため一度安全な場所で立ち止まってからARモードでの確認が必要になります。

右上の「地図モード」をタップするとARモードから地図表示へと切替ができます。

Yahoo!MAP「ARモード」の詳細はこちら
https://map.yahoo.co.jp/blog/archives/20180305_map_ar-mode.html

Yahoo!地図、Yahoo!MAPのメリット・デメリット

Googleマップが以前より使いにくくなったとはいえ、ヤフーマップにもメリット・デメリットがあります。

【PC版】ヤフー地図のメリット

・地図の種類を下記の12種類から選択可能

地図
写真(航空写真)
地下街(特定の箇所のみ対応)
鉄道路線
ビビット(はっきり)
ボールド(太く表示)
写真+注記
水域図
ミッドナイト(夜モード)
モノトーン
OSM(自分たちで作る地図)

※スマホ版ヤフーマップの場合は、地図・航空写真・鉄道路線の3種類。地下街もカンタンに見る事ができます。

・地図に下記の情報を重ねることができる

雨雲レーダー(1時間前から1時間後まで)
混雑レーダー
津波被害想定情報
台風情報

※スマホ版ヤフーマップの場合は、雨雲レーダーと混雑レーダーのみ対応となります。

・道沿い検索ができる

道沿い検索をクリックし、地図上に線を引くことでそのライン上沿いにあるお店や施設を探すことができます。

線を引く以外に下記の使い方ができます。

1:線を引いた後、検索窓にキーワードを入力

例えば、線を引き「ラーメン」とキーワード検索をすると、ライン上のラーメン屋さんを検索することが可能。

2:円を描く

円を描いた場合は、囲われたエリア内のお店や施設の検索が可能です。もちろんキーワードを追加してお店を絞り込むこともできます。

・拡大すると建物の詳細な番地まで表示される

個人的に驚いたのがこちらです。戸建てのおうちの番地まで表示されるので逆に大丈夫かな?とは思いますが迷子にならなくて済むので地図としてありがたみを感じました。

ちなみにGoogleマップでは番地まで表示されません。

Googleマップを開くならこちら
https://www.google.com/maps/

【PC版】ヤフー地図のデメリット

・広告が表示されて邪魔くさい

ヤフー広告がいたるところに表示されます。Googleマップでは広告が表示されないので少しストレスを感じます。

・ストリートビューが見れない

こちらは先に説明の通り、ヤフー地図ではストリートビューを見る事ができないためGoogleマップを利用する必要があります。

・航空写真があまり拡大できない

Googleマップでは3D表示ができる航空写真ですが、ヤフー地図の場合は真上からのみで拡大率も少ないため比べてしまうと物足りない感じになります。

・スポットの情報がまだまだ少ない

Googleの場合、ユーザーが多く地図上に情報を追加してくれているため多くのお店や施設の情報が写真や口コミで見れます。

なので行く前に入念に閲覧することができますが、ヤフー地図ではまだまだ情報量が少なく物足りない感じがあります。

また、詳細をクリックしていくと口コミなどは「Yahoo!ロコ」という別のサービス(食べログのYahoo!バージョン)に移動します。

こちらは気にしない人には特に問題はありませんが、地図を見ていたので多少の違和感があります。(戻るボタンで地図に戻れます)

【PC版】ヤフー地図の結論

足りない所は、Googleマップで補う(両方使う)

メインをどちらで利用するかは利用環境次第ですが、できないことはGoogleマップを使えばいいじゃない!というのが結論です。

PC版ヤフー地図を開くならこちら
https://map.yahoo.co.jp/

【スマホ版】ヤフーマップアプリのメリット

・ZENRINのデータを使っている!

ZENRINは地図を作るために、1000人の作業員が徒歩で情報を集めています。

その為、地図の正確性が高く「GoogleマップがZENRINを使わなくなってから劣化した!」と言われるのも納得の地図情報を提供してくれています。

Yahoo!MAPでは引き続きZENRINの地図情報を使ってマップを利用することができるので高品質のまま安心して利用することができます。

・雨雲レーダーが見れる!

突然のゲリラ豪雨にも安心!Yahoo!JAPAN IDにログインしていれば1時間後までの雨雲予想が6時間先まで見ることができます。

さらに位置情報を常に許可していれば、雨雲が近付いてきた時に通知でお知らせしてくれます。

・他にも重ねられる情報あり!

雨雲レーダーのほかに「混雑レーダー」と「防犯マップ」を地図に重ねることができます。

混雑レーダーは日本全国の混雑状況をヒートマップで見れるため、観光地や旅行先、ディズニーランドの状況なども確認することができます。

防犯マップはスマホ版のみの機能で、日本不審者情報センターの情報を元に表示されます。

自宅や現在地周辺で下記が発生した際に通知で最新情報を受け取ることも可能です。

暴行
強盗
人以外への暴行
声かけ
窃盗
事故
わいせつ
動物逃走
その他

Yahoo!MAPの防犯マップ機能の詳細はこちら
https://map.yahoo.co.jp/blog/archives/20180620_map_anticrime.html

・迷子になりやすい大きな駅や地下街の状況がわかる!

地下街などGPSが届かずに地図アプリを使っていても迷子になったり、一体どっちを向いているのかも分からない状況に陥りやすいですよね。

そんな時は、Yahoo!MAPの出番です。

地下街のお店1件1件の名前を表示できたり、トイレの場所、地上への出口など分かりやすく見ることができるので初めての地下街でも迷子対策ができます。

・開いた地図周辺のおでかけスポットが直ぐ検索できる!

地図で検索した先の周辺のおでかけスポットも1クリックで検索OK!

検索窓に入力しなくても直ぐさま表示できるのがGood!他にもTVで紹介されたスポットなどの記事も表示されるので行きたいが広がります。

気になった記事やスポットは「お気に入り」に登録できるので後からカンタンに見直すことも可能です。

Yahoo!MAPアプリのダウンロードはこちら
https://map.yahoo.co.jp/promo/

【スマホ版】ヤフーマップアプリのデメリット

・ストリートビューが使えない

ストリートビューはGoogleのサービスになります。

ARモード(iPhoneのみ)でカメラアプリを使った道路上での道案内をすることは出来ますが、前もって写真で周辺地域などをストリートビューとしてみることはできません。

・航空写真も近寄れない

写真として地図を見ることができますが真上からのみで、拡大率も低いため思ったより近寄って見ることができません。

写真系はやはりGoogleマップには勝てないのが現状です。

唯一、スマホ版の場合「地図」表示の際に画面を2本の指でタップしてから上にスライドさせると、地図を斜め側面から見れる立体表示にすることができます。

戻し方は、タップしてから下にスライドになります。(タップしながらスライドすると地図が動くので注意)

ビルや建物の高さなどを確認する際に使えます。

・施設やお店の口コミ情報などが少ない

これは利用者数の違いになりますが、Googleマップではお店の情報や写真、口コミなどユーザーがどんどん投稿してくれているため豊富な情報を確認することができます。

ヤフーマップの場合はGoogleに比べるとやはり情報がまだまだ少ないため「ここの施設の情報を前もって知りたい!」と言うときには少し不便に感じます。

【スマホ版】ヤフーマップアプリの結論

不足になる部分は、Googleマップで補えばいいじゃない。

PC版と同様ですが、必ずどっちかを使わなきゃいけない分けではありません。使いやすい部分は使いやすいマップアプリで利用すればストレスも無く地図検索ができます。

Googleマップアプリの使い方・詳細はこちら
https://support.google.com/maps/

まとめ

現在、Googleマップの改悪された状態が続いています。

この理由は、Googleマップの基礎部分に使用されていたゼンリンのデータが2019年の3月にアップデートされてからGoogle独自の仕様に変更となったためです。

ZENRINが保有していたデータはGoogleマップ上から全て消えているため「道がなくなった」「情報が古くなった」「バス停が消えた」などの不具合が発生しています。

特にナビとして使うには危険な道などに案内される等の不安が多いため、修正されるまではGoogleマップ離れが加速しそうです。

ですが、YahooマップならZENRINの地図データを使っているため安心して利用することができます。

まだまだGoogleマップには届かない機能もありますが、ルート検索なども分かりやすく使えるので早速ダウンロードしてみてください!

【PC版】Yahoo!地図はこちら
https://map.yahoo.co.jp/

【スマホ版】Yahoo!MAPはこちら
https://map.yahoo.co.jp/promo/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活・暮らし

Copyright© WEB新聞.biz , 2020 All Rights Reserved.