ゆうパックの料金と箱の種類、集荷や送料、ゆうパックスマホ割【まとめ】

投稿日:2019年6月17日 更新日:

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「郵便局から荷物を送りたい!」
「ゆうパックっていくらなんだろう?」

ゆうパックとは、

・長さ、幅、厚さの合計が170cm以内
・重さ30kgまで

の荷物を全国に配送できる日本郵便がお届けするサービスです。

サイズや重量、差出し地~配達地までの距離によって基本運賃が異なり、郵便局への持ち込みやゆうパックスマホ割の利用で割引になるサービスも用意しています。

大事な荷物を日本全国へ配達できる「ゆうパック」はこちら
https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/

スポンサーリンク

ゆうパックの料金は?

ゆうパックには荷物のサイズに対して「基本運賃」が設定されています。

それに加え、

・目的別料金(チルドやゴルフ、空港など)
・オプション料金(代金引換、本人限定受取など)

といったサービスを付けることでプラスの料金が必要になります。

ですが、お得な割引も用意しているので安心してください。

ゆうパックの料金を調べるならこちら
https://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/parcel.html

ゆうパックの基本運賃とは?

基本的に重さは25kg以下。

25kg以上30kg以下の場合は「重量ゆうパック」となり別途でプラス料金が必要となります。

同県から同県へ送った場合の基本運賃は下記の通りです。

サイズ 荷物の大きさ
(縦・横・高さの合計)
基本運賃
60サイズ 60cm以下 800円
80サイズ 80cm以下 1,010円
100サイズ 100cm以下 1,260円
120サイズ 120cm以下 1,500円
140サイズ 140cm以下 1,750円
160サイズ 160cm以下 1,970円
170サイズ 170cm以下 2,300円

これが、差出地から他県へ配達する場合、地域によって料金が変わります。

例えば、差出地が東京の場合

・北海道への配達…同県に対し480円~UP(1280円~)
・東北、関東、信越、北陸、東海…同県に対し50円~UP(850円~)
・近畿…同県に対し150円~UP(950円~)
・中国、四国…同県に対し280円~UP(1080円~)
・九州…同県に対し480円~UP(1280円~)
・沖縄…同県に対し530円~UP(1330円~)

遠くなれば遠くなるほど基本運賃は上がり、サイズによってもUPする金額が上がります。

ゆうパック都道府県別基本運賃表はこちら
https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/charge/ichiran.html

ヤマト運輸(クロネコヤマト)と比較した場合は?

ヤマト運輸の「宅急便」がゆうパックと似たサービスとなります。

・縦・横・高さの合計が160cm以内
・重さが25kgまで

同県から同県へ配達した場合の基本運賃

サイズ 荷物の大きさ
(縦・横・高さの合計)
基本運賃
60サイズ 60cm以下 907円
80サイズ 80cm以下 1,123円
100サイズ 100cm以下 1,361円
120サイズ 120cm以下 1,577円
140サイズ 140cm以下 1,814円
160サイズ 160cm以下 2,030円

同じ条件で配送した場合、宅急便のほうがゆうパックより100円ほど高くなります。

ですが、

・クロネコメンバー割(配送料最大15%引き)
・クロネコメンバーズの持込割(1個に付き150円引き)

といった割引サービスや、

・60サイズ未満の場合…宅急便コンパクト(594円~)
・160サイズを超える場合…ヤマト便(30kgまでの荷物)

といった、小さい荷物や大きい荷物に対応した送り方も用意しています。

ヤマト運輸の宅急便の料金を確認するならこちら
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/takkyubin/

ゆうパックの割引サービスとは?

ゆうパックでは下記の割引を行っています。

1)郵便局の窓口への持ち込み

荷物を集荷してもらうのではなく、最寄の郵便窓口へ直接持って行った場合に割引が受けられます。

1個につき120円の割引

2)同じあて先への複数荷物

こちらは2種類の割引があり、

・差出日の1年以内に同じあて先へ送る場合…1個につき60円割引
※前回送った同一宛先が記載されているゆうパックのラベルの控えが必要

・同じあて先へ2個以上同時に差し出す場合…1個につき60円割引

こちらは、1)と2)の併用が可能なので最大180円の割引で配送することができます。

ちなみに、2)の2種類は併用できません(同一あて先割引か、複数口割引どちらかを選択)

3)ゆうパックスマホ割アプリを利用

郵便局から出ている公式の「ゆうパックスマホ割アプリ」を利用することで下記の割引を受けることができます。

1個につき180円割引

さらに、

・受取り場所を郵便局に指定して発送…100円割引(郵便局受取割引)
・前月までの1年間で10個以上発送した場合…次の発送から10%割引(継続利用割引)

とゆうパックで発送すれば発送するほどお得になる割引を受けることができます。

ちなみに、ゆうパックスマホ割アプリを利用した場合、通常の持込割、同一あて先割引、複数口割引は適用されませんのでご了承ください。

ゆうパックスマホ割の詳細はこちら
https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/sumahowari/

トク♪ラク♪ベンリ♪ ゆうパックスマホ割アプリとは?

2018年9月25日より開始された、郵便局の公式アプリを利用したサービスです。

ちなみに、郵便局からは4種類のアプリが出ています。

・日本郵便アプリ
・はがきデザインキット
・郵便局のネットショップアプリ
・ゆうパックスマホ割アプリ

こちらそれぞれ目的が違うので「ゆうパックスマホ割アプリ」のダウンロードが必要になります。

ゆうパックスマホ割アプリのダウンロードはこちら
https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/sumahowari/

ポイント1:トク♪

こちらは既に紹介の通り、スマホアプリを利用するだけで「基本運賃から180円割引」となります。

他にも、「郵便局受取割引:100円引き」「継続利用割引:10%割引」と利用すればするほどお得になります。

ポイント2:ラク♪

宛名はラベルは手書き不要!

郵便局の窓口(ゆうプリタッチ)でスマホに表示される二次元コードをスキャンするだけで、ラベルの印刷が可能です。

ゆうプリタッチが置いていない郵便局の場合は、窓口でQRコードをスキャンしてもらえます。

さらにお支払いは、クレジットカードでアプリ内決済。

アプリにクレジットカードを登録しておくことで、その場で現金の支払いはなし&自動で料金の請求・引き落としされます。

ちなみに、ゆうパックスマホ割アプリはクレジットカード決済のみのためクレジットカードをお持ちで無い場合は残念ながら利用できません。

ポイント3:ベンリ♪

ゆうパックスマホ割アプリを利用すれば、相手の住所が分からなくても荷物が送れる「かんたんSNSでお届け」が利用できます。

・Eメール
・SMS
・LINE
・Twitter

上記4つのいずれかで相手の情報が分かっていれば、相手の住所が分からなくても荷物を届けることができます。

※相手に連絡するSNSですが、利用している機種によって選べないものがあります。ちなみにiPhoneXではTwitterの選択ができませんでした。

なお「生もの」のみ送ることはできません。

かんたんSNSでお届けの方法は?

ゆうパックスマホ割のアプリより、お届け方法を「直接お届け」ではなく「かんたんSNSでお届け」を選択すると利用できます。

利用方法は下記の通り。

1:ゆうパックスマホ割アプリをダウンロード
2:ゆうびんIDを持っていない場合は、新規登録
3:ゆうびんID(無料)でログインする
4:「あて名ラベル作成」をタップ
5:クレジットカード情報を入力
6:お届け方法「かんたんSNSでお届け」をタップ
7:自分の名前や住所を入力(送り主)
8:相手の名前を入力(お届け先)
9:荷物のサイズや品名を選択
10:発送予定の郵便局を選択
11:内容を確認し、「受取人に受け取り場所を選んでもらう」を選択
12:連絡するSNSを4つから選択(Eメール、LINE、SMS、Twitter)
13:相手に受取り場所の選択連絡が届く
14:相手が受取り場所を選ぶと、送り主に連絡が入る
15:アプリを開き、右上の「やることリスト」をタップ
16:運賃の確認&お支払いをタップしお支払い手続きを行う
17:「2次元コード発行」をタップし、QRコードを取得
18:選択した郵便局へ行き「ゆうプリタッチ」にQRコードをかざす
19:宛名ラベルが印刷されるので、荷物に貼る
20:窓口に荷物を預ける

以上が、相手の住所を知らなくても荷物が送れる「かんたんSNSでお届け」の発送方法です。

ゆうパックスマホ割アプリのダウンロードはこちら
https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/sumahowari/

かんたんSNSでお届けの受取り場所は?

かんたんSNSお届けで荷物が届く!という連絡が入った場合、受取り先は下記のいずれかより選択ができます。

・コンビニ(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート)
・郵便局の窓口
・はこぽす(ロッカー)

住所を記載しないため、自宅では受け取れないので上記いずれかにとりに行く必要があります。

なお、届く荷物のサイズによって受け取れる場所が限られるため差出人が「郵便局受取り」を指定して発送した場合に受け取れる場所は「郵便局」のみとなります。

また、送り主の作成した宛名には「お届け先の郵便番号」「お届け先の都道府県」のみ印字されています。

荷物を取りに行く際必要になるものは、送り主が発送をした後に連絡の入る

・お問い合わせ番号
・認証番号

です。

こちらは、アプリをダウンロードしている場合は「お知らせ」にも通知が届きます。

発送の連絡が入りましたら期限内に忘れずに荷物を取りに行きましょう。

ゆうパックスマホ割アプリの詳細はこちら
https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/sumahowari/

ゆうパックの集荷依頼の方法は?

ゆうパックスマホ割アプリを利用した場合、直接郵便局へ出向く必要があります。

ですが、スマホ割「180円」と郵便局受取割「100円」を利用すれば、基本運賃より280円安く配送することが可能になります。

ゆうパックスマホ割を利用しない場合は、

・集荷サービスの申し込みをし、自宅や職場に取りに来てもらう
・最寄の郵便局へ持ち込む(持込割引120円)
・コンビニエンスストアへ持ち込む(ローソン、ミニストップ、セイコーマート)

と、3種類の方法で荷物を送ることができます。

集荷サービスに関しては、

・集荷専用電話番号:0500-0800-111(発信後、集荷地域の郵便番号7ケタが必要)
・Web集荷サービス(ネットで集荷依頼)

のいずれかより選択ができます。

Web集荷サービスを利用するならこちら
https://mgr.post.japanpost.jp/C20P02Action.do

ゆうパックの箱はどこで売ってるの?

ゆうパックを送る際に箱が必要になりますが、実は専用の箱を用意しなくても問題ありません。

・通販や100円均一などで買える箱
・スーパーなどでただでもらえる箱
・箱ではなくて、紙袋や封筒

などなど、中身が壊れないように緩衝材のプチプチや新聞紙などで衝撃を吸収し梱包してあげれば、どんな箱でも問題ありません。

ですが、汚れていたり匂いが付いているものは受取人も嫌がるため避けたほうが無難です。

注意点としては、箱の大きさやサイズによって送料が変わる点です。

ゆうパックのサイズと基本運賃

同県から同県へ送った場合の基本運賃は下記の通りです。

サイズ 荷物の大きさ
(縦・横・高さの合計)
基本運賃
(同一県内の場合)
60サイズ 60cm以下 800円
80サイズ 80cm以下 1,010円
100サイズ 100cm以下 1,260円
120サイズ 120cm以下 1,500円
140サイズ 140cm以下 1,750円
160サイズ 160cm以下 1,970円
170サイズ 170cm以下 2,300円

こちらに注意をしてサイズを決定する必要があります。

なお、ゆうパック専用の箱は各郵便局にて購入が可能です。

ゆうパック専用の箱の種類

60サイズ以内…ゆうパック・箱(小)(100円)
80サイズ以内…ゆうパック・箱(中)(140円)
100サイズ以内…ゆうパック・箱(大)(210円)
100サイズ以内…箱(三角)(120円)
120サイズ以内…ゆうパック・箱(特大)(370円)

※規定のサイズよりも大きさが若干小さめに作られています。

ゆうパック専用の袋の種類

60サイズ以内…クッション封筒(小)(80円)
80サイズ以内…クッション封筒(大)(100円)
80サイズ以内…ゆうパック・袋(小)(100円)
ゆうパック・袋(大)(230円)

他にも、

・酒用パック(一升瓶、ワイン)(140円~)
・ゴルフバッグカバー(510円)
・スノーボードカバー(570円)
・スキー板用カバー(240円)
・キャスター対応カバー(240円)
・ボストンバッグカバー(大)(210円)
・ボストンバッグカバー(中)(130円)

などの用意があります。

ゆうパック専用包装用品の詳細はこちら
https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/package.html

まとめ

ゆうパックでは下記の荷物を配達することが出来ます。

・長さ、幅、厚さの合計が170cm以内
・重さ30kgまで

また、

・重さ25kg以上30kgまで

の荷物に関してはプラス料金が必要です。(重量ゆうパック)

日本郵便でゆうパックの荷物を送る際、下記の割引が受けられます。

・郵便局へ持ち込み割…120円引き
・同一あて先割引、複数口割引…60円引き

なお、ゆうパックスマホ割アプリを利用した場合は、下記の割引が受けられます。

・スマホ割引…180円引き
・郵便局受取り割引…100円引き
・年間10件以上配送割引…11件以降より10%割引

基本運賃に関しては、ヤマト運輸の宅急便や佐川急便の飛脚便よりも若干お得になっています。

その他、オプションやサービスによって料金が加算されますので下記より運賃を確認してみてください。

ゆうパックの配送料金の計算はこちら
https://www.post.japanpost.jp/cgi-simulator/youpack_choice.php

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-宅配・配送

Copyright© WEB新聞.biz , 2019 All Rights Reserved.